読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊撃的人生録

身の回りの風景を、独自の世界観で。

怪しい宗教と哲学って紙一重なのかもしれないけど僕はそれでも哲学の素晴らしさを信じたい。

  こんばんは。銀礫です。1ヶ月チャレンジ27日目。

 明日とある資格の試験日とは思えないのびのびっぷりです。大丈夫かな…。

 

 大仰なタイトルですが今日の話題は一冊のマンガです。

 

 今日、こんな本を読みました。

Amazon CAPTCHA

 この「マンガで分かる心療内科」シリーズ、本当におすすめです。何よりも分かりやすい。そしておもしろい。本気で声出して笑ったことがあるネタも有りました。

 

 さて、今回の内容はアランの幸福論について。

 この内容にあやかって、幸福になるためにはみたいな話をしてもいいのですが、僕の言動は普段から怪しく見られがちですし、とうとう変な宗教まがいのことを始めたと思われてもあれなので……まあ、実感が湧いたら、ということで。

 

 ですが、この本は本当におすすめです。どういう点がおすすめなのか……うーん。

 

 オススメポイントというか、こうした方がいいよっていうアドバイス的なものならば…、はい。

 

 この本にほんの少しでも興味を持った方は、今、すぐに、この本を買って読みましょう。

 買う買わない悩むだけ無駄。買って、読んで、話はそれからだ。

 

 今すぐ、行動するのです。本屋に走るも良し、ネットで買うのも良し、電子書籍でも良し。

 ただ、その興味を忘れてしまわない内に手に入れて読んでみることをおすすめします。

 大判と言えどマンガです。1000円もしませんし、さくっと読めます。

 

 

 さあ、いま、すぐに、買って読むのです!!

 

 

 

 こうやって、「今、すぐ、行動」を促している理由は、ちゃんとあります。それこそ、このマンガの中で語られています。読めば分かるささあ読もう。

 ……それだけではあれなので、僕なりの解釈で一言にまとめると…。

 

 行動してたら変なことで悩まないさ。

 

 ……ということでしょうか(怒られるかも)。

 

 とにかく、今日、この本を読んで、僕は、もっと幸せになろうと、思いました。

 その感覚を、少しでも多くの人が共有してくれたら幸いです。

 

 今日はこのへんで。

 

 幸せになるぞ!