読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊撃的人生録

身の回りの風景を、独自の世界観で。

「時間がない」はずがない。

 こんばんは。銀礫です。

 1ヶ月チャレンジ、2日目です。

 2日目にして、もう既に問題にぶち当たっています。

 

 時間が、ないのです…。

 

 ………おかしい話ですよねぇ。

 物理的に考えて、知り合いの同級生の誰よりも時間があるはずなのですよ。

 それなのに、感じてしまう。「時間がない」と。

 

 「あれがやりたい。これもしたい。でも、そんな時間はねえ。」

 

 決定的に物理と精神が矛盾しています。

 この状況ですらそんなことを考えていたら、5月からの新生活では、何もできなくなってしまう。

 それはもう、身震いするほど恐いことです。

 

 社会人であろうともいろんなことにチャレンジしている人はたくさんいます。そんな劇団員の方と先日お茶しましたので、よくわかっています。

 

 うーん。どうすれば。

 

 そんなことをちまちまと考えていたのです。

 その結果思ったのが、やっぱり、僕は、無駄な時間を過ごしているのでは、と思ったのです。

 

 「いやいや、その時間は無駄な時間なんかじゃないんだ。心を豊かにするために必要な時間なのさ。」と思ってしまいそうですが、日々に物足りなさを感じている現状は、むしろ心を殺しているのではと思うのです。

 

 うーん、もうちょっと、時間管理をしっかりした方がいいのかもしれませんね。

 今の僕は、朝、昼、夕方、夜、ぐらいの時間間隔しか持っていません。

 おそらく、これが原因なのでしょうか……。だって、この区分でしたら一日に4つのことしかできないじゃないですか。

 

 もうちょっと、いろんなことをしたいですねぇ。

 

 と、いうわけで、この区分をもうちょっと細かくしていこうと思います。いきなり分単位とかでは疲れてやめちゃいそうなので、ゆるく、ゆるーく。

 

 早朝・朝・真昼・昼・夕方・夜・深夜

 

 これぐらいの区分でどうでしょうか。なんとなく、早朝と真昼と夕方と深夜にルーティンワーク(食事とか)、それ以外がクリエイティブタイム、みたいな感じになりそうですね。なんとなく。

 

 とりあえず一日をこんな区分で捉えて、数日過ごしてみようと思います。それぞれの区分が何時ぐらいなのか、何をしているのがしっくりくるのか、それも見極めていきたいですね。

 

 時間、見つかるといいな。

 

 それでは、また明日。読んでくださり、Thank you.