読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊撃的人生録

身の回りの風景を、独自の世界観で。

物語ってなんだろう。

 「現実とは」といったテーマの番組を観ました。

 それを観て考えたことは現実のことではなく「物語」のことでした。

 

 物語って、不思議じゃないですか。

 文字だったり絵だったり映像だったり音楽だったりしますけど、いずれにしても現実ではないのです。

 「事実は小説よりも奇なり」と言うこともありますが、この場合の事実も、十中八九過去の話であり、つまり物語化した現実なわけです。つまり物語です。

 

 目の前になくても、実際に経験しなくても、物語は心を打ちます。涙を流させます。笑わせます。人生が変わることだってあります。

 

 不思議です。どうして、ここまでの力が物語にはあるのでしょうか。

 その本質とは、何なのでしょうか。

 

 といった疑問提起をするだけして、今日はこれぐらいにします。

 また、答えらしきものがまとまったのならば、またこの場でつらつらと書き連ねると思います。

 

 それでは、また。ここまで読んでいただき、ありがとうございました。