読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊撃的人生録

身の回りの風景を、独自の世界観で。

"クール教信者"の信者。

 今日はこの本を紹介します。そんな1ヶ月チャレンジ28日目。銀礫です。 

  Amazon商品紹介機能初試し。

 

 さて、紹介に入る前に一言言っておきたいのが、僕は、それはもう絶望するほどネタバレが大嫌いです。だいっきらいです。

 なので、僕の紹介文、紹介文になっていないほど内容には触れません。それはもう徹底的に。

 そんなんでどうやって紹介するんだと思われそうですが、僕もそう思っています。

 それでも需要があると信じて。

 

 さて、「小林さんちのメイドラゴン」。アニメ化もされて話題に上がっていますね。おかげで本屋さんで平積みされていることが多く、見つけやすいし在庫も多い。(これ重要)

 逆に古本屋からばっさりなくなるんですけどね…。

 

 と、言うわけで、昨日1巻を読んで、今日最新刊の5巻を読み終わりました。全て新刊。出版業界が少しでもにぎやかになーれ。

 

 さて、なぜ手に取ったのか。

 お恥ずかしい話ながら……やはりアニメ化による話題力があったから……と言わざるを得ません。

 正確には、もともとアニメを見た先輩が「おもしろい」とおっしゃっていたのを聞いて、という感じです。

 しかし僕はアニメは観ていないんですよね……。僕の契約では合法的に見れるサービスがなくて……。

 

 と、言うわけで本屋さんへGO!

 

 もう一つ気になっていた理由が、作者さんです。そしてネタバレを嫌う僕の本紹介、今回は作者さんの雰囲気というか、そういうものが中心になります。

 タイトルでなんか派手なこと言ってしまいましたが、僕はクール教信者さんの物語、今回のメイドラゴンの他には「小森さんは断れない!」だけなんですよね。

 

 それでもいえます。僕はクール教信者さんの物語が好きです。おこがましいかもしれませんが…。

 

 理由としましては、クール教信者さんの物語には、"重さ"がある。

 ちょっと言い換えるなら……テーマがある、でしょうか。

 

 最近はだいぶまともになりましたが、二次元というと薄っぺらいだの軽いだの、そんな印象があったことがありました。

 今も無いことはないのですが、僕はそういうものも大切な本の1つだと考えています。(この話はまた別の機会で)

 しかし、クール教信者さんの物語は、そこから一歩踏み込んで、キャラクターたちの"重さ"、ないし"気持ち"を丁寧に描写しているのです。

 それがもたらすものは、そう、物語のテーマ性です。

 そして、その丁寧な描写は、ある種のリアリティを感じさせてくれるのです。本当に現実なんじゃないかと思わせてくれる、丁寧で、繊細な、こころのかたち。

 

 これらが、小気味いいネタと共に流れてくるのですから、すっと、心に流れ込んでくるのです。

 

 クール教信者さんの物語を読む時のこの感覚、たまりませんね。おすすめです。アニメも見たい……dアニメストアさん……再配信してくれないかな……。

 

 今日はこのへんで。今後も機会があれば"ネタバレを絶対にしない本紹介"という謳い文句でいろいろ紹介していきましょうか。

 それは……日誌じゃなくなってる気がしますね……まあ、今日読んだ本、ということで……。本格的にやるようになったら、新しいタグでも作りますかね…。

 

 それでは、また明日!

 

 追記。僕がネタバレを嫌うのは、物語の場合です。ビジネス書とかだったら(内容にもよりますが)内容に触れる本紹介をするかもしれません。そんな機会があるのかな…。

怪しい宗教と哲学って紙一重なのかもしれないけど僕はそれでも哲学の素晴らしさを信じたい。

  こんばんは。銀礫です。1ヶ月チャレンジ27日目。

 明日とある資格の試験日とは思えないのびのびっぷりです。大丈夫かな…。

 

 大仰なタイトルですが今日の話題は一冊のマンガです。

 

 今日、こんな本を読みました。

Amazon CAPTCHA

 この「マンガで分かる心療内科」シリーズ、本当におすすめです。何よりも分かりやすい。そしておもしろい。本気で声出して笑ったことがあるネタも有りました。

 

 さて、今回の内容はアランの幸福論について。

 この内容にあやかって、幸福になるためにはみたいな話をしてもいいのですが、僕の言動は普段から怪しく見られがちですし、とうとう変な宗教まがいのことを始めたと思われてもあれなので……まあ、実感が湧いたら、ということで。

 

 ですが、この本は本当におすすめです。どういう点がおすすめなのか……うーん。

 

 オススメポイントというか、こうした方がいいよっていうアドバイス的なものならば…、はい。

 

 この本にほんの少しでも興味を持った方は、今、すぐに、この本を買って読みましょう。

 買う買わない悩むだけ無駄。買って、読んで、話はそれからだ。

 

 今すぐ、行動するのです。本屋に走るも良し、ネットで買うのも良し、電子書籍でも良し。

 ただ、その興味を忘れてしまわない内に手に入れて読んでみることをおすすめします。

 大判と言えどマンガです。1000円もしませんし、さくっと読めます。

 

 

 さあ、いま、すぐに、買って読むのです!!

 

 

 

 こうやって、「今、すぐ、行動」を促している理由は、ちゃんとあります。それこそ、このマンガの中で語られています。読めば分かるささあ読もう。

 ……それだけではあれなので、僕なりの解釈で一言にまとめると…。

 

 行動してたら変なことで悩まないさ。

 

 ……ということでしょうか(怒られるかも)。

 

 とにかく、今日、この本を読んで、僕は、もっと幸せになろうと、思いました。

 その感覚を、少しでも多くの人が共有してくれたら幸いです。

 

 今日はこのへんで。

 

 幸せになるぞ!

読むな! 今日のは本当に読みにくい!! ごめんなさい!!!

 こんばんは。銀礫です。1ヶ月チャレンジ26日目。

 

 

 

 なぜか、ブログを書く時って、鬱っぽくなる気がします。なんでかな。

 書くこともないのに、何かを書こうとしているときって、自分を否定しがちになるのかな。

 つまり、やることがない状態というのは、破滅への道ということなのかな。

 

 恐い。

 このまま何もないままただ時間だけが過ぎていくのが。

 でも、何かあって自分の周りが変化していくのも恐い。

 

 

 うまくやっていけるのだろうか。

 

 いままで、何かをうまくやってきた自信があまりない。

 

 そんなとき、誰か、助けてくれるのだろうか。

 

 あ、だめだ。

 なんか今日は(も)、頭が絡まっている。重たい。熱い。

 

 えっと。

 

 一歩が踏み出せないこのもどかしさ。

 

 これを、忘れないようにしたい。

 

 そして、諦めない覚悟を持ちたい。

 

 そのための、準備に、今の僕の時間を振り分けても、いいのだろうか。

 

 あぁ、ダメだ。今日は話がまとまらない。いつもそうだけど。

 

 うぐぐぅ……。

 

 

 

 本当に何も無いは!!!辛い!!!!!

 

 

 

 そういい切る勇気を持とう。

 そして、「何か」を自分から求め続ける覚悟をしよう。

 そして……

 

 

 そして、諦める言い訳を、丁寧に、なくしていこう。

 

 

 ……本当に頭が痛い。変なことを考えすぎた。

 明日からはもっと気楽にいきたいです。

 今日はこのへんで。。。また、明日。

エネルギー精製の極意。

 1ヶ月チャレンジ25日目。

 

 人に会わなければ、エネルギーは発生しない。

 

 物語に触れなければ、エネルギーは燃焼しない。

 

 ありがとうございました。

憧憬の功罪

 ブログを書こうとするとき、どうも自分を自虐的に捉える癖を発見しました。

 自虐でしか自分を表現できなかったんだね。かわいそうだね。

 

 こんばんは。銀礫です。1ヶ月チャレンジ24日目。

 

 今日、ふと思ったのが、自分は、誰の、どういうところに憧れているのだろうということでした。

 自分の憧憬が明確化されていないから、理想像が霞んでいく。

 そうすると、方向性が定まらず、次の一歩すら踏み出せない状態に陥る。

 

 さて、自分の理想。

 ここに書くには、ちょっと個人情報のあれこれがありますので、具体例は省略します。

 

 そして気づいたこと。

 

 現実の部分での憧れが……少ない。それに、とても抽象的。

 こんなんだから、どう行きていけばいいかがふわふわでわからないままなんだ。

 なまじ憧れが全く無いわけではないから、憧憬に比べてなんて自分は……みたいな考え方になってしまいがち。

 

 どうしよう。

 

 もっとはっきりとした憧れが必要だよね。

 あるいは、生き方に関する憧れはばっさり捨て去って、自分なりを開拓していくか。

 

 ちょっと、後者を目指していきたいです。

 

 今日はこのへんで。ありがとうございました。

 

 

 

 あ、まったく違う話ですが、備忘録として。

 最近、ほぼ毎日腹痛を起こします。ストレスかなぁ…。

「考えるな、感じろ」の僕なりの解釈。

こんばんは。銀礫です。1ヶ月チャレンジ23日目。

 

「「自分にできることは何か」を考える前に、自分にできることをしろ。」という一見矛盾したような理論が思いついたのだけど、なんかこれ、正しそうな気がする。

「「自分にできることは何か」を考える暇があれば、自分にできることをしろ。」なのかもしれない。

判断は、考え込んで得られるものではなくて、直感的に得られるものということ。

 

ちなみにこれ、「できること」を「したいこと」に書き換えても有効かもしれない。

 

でも、したいことって、難しいよね。
だらけるだけかもしれない。楽したいだけになるかもしれない。
「したいこと」が楽するだけだったら、それは、破滅につながると思う。
でも、「できること」だけでも、チャレンジがなくなるかもしれない。
そうなると、ただの現状維持。それって、何もないのと一緒じゃないかな。


あ、そうだ。


日常的には「できること」
チャレンジ的には「したいこと」


をすればいいんじゃないかな。


そんなことを思った日曜日でした。

救いのない思考

定義

「救いがない思考」とは、その思考を続けたところで、精神的に、または身体的に良くない方向に行くことが確定して、その運命から逃れられない思考のこと。銀礫独自の造語です。

種類
・バッドエンド型
どんなに思考を深めようと、幅を広げようと、導き出される結論は否定的なものに収束されていく思考。実は、思考の過程より、定型句化した最後の結論が、あらゆる思考の最後に付け加えられることによって発生することが多い。例「……。だから私はだめなんだ。」
・無限ループ型
思考がループしていて、結論らしい結論までたどり着くことができないもの。ループしていることに気づかないことが最大の落とし穴。

対処方法
まず気づく。自分は今、救いのない思考をしているのだと。
そして、嫌う。僕はそうしています。
意味がないと理解して、無視をする。
それよりもっと素敵な思考をする。

以上。

 

1ヶ月チャレンジ、㉒22日目。