読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊撃的人生録

身の回りの風景を、独自の世界観で。

現実の文脈

 今日のブログは大きな話になりそうな気がします。まだ書ききってないので、何とも言えませんが。

 こんばんは。銀礫です。

 

 現実って、なんだろう。

 そんなことを考えていました。

 

 どうも僕は「現実」という言葉をあまり良く思っていなくて、そのせいでよく言われる現実そのものも嫌になってくる、という悪循環があったわけです。

 ですが、どうも違和感が拭えない。何が違和感なのかもわからない。

 この状況を打破すべく、お風呂でぷかぷか考えていました。

 

 結論から言いますと、現実って、「自分が認識する全て」なのだと考えました。

 息をすることも、オートバイに乗ることも、ご飯を食べて寝て起きることも。

 本などで物語に触れることも、そこから想像の翼を広げることも。

 すべて、「現実」なのではないのでしょうか。

 

 なぜなら、考えてみれば当たり前のことですが、全てそこに実在していますから。

 頬を撫でる風も、あなたのぬくもりも、心を揺さぶる感情も。

 その起点となるものは、全て、自分自身。

 なぜなら、考えてみれば当たり前のことですが、全て自分が行動し、感じているのだから。

 オートバイで走るのも、妄想をするのも、心が恋い焦がれるのも。

 

 そう思うと、「現実」というものが、とても尊いものに思えてきたのです。

 

 だって、この考え方であれば、恋も妄想も読書もアニメも、食事や睡眠と同じものとすることができるから。

 

 ならば、その現実を大切にするには、何が必要なのか。

 

 やっぱり、自分を認めてあげることだと考えました。

 

 先程も書いたとおり、現実の起点は自分です。厳密には、自分自身の認識です。

 ならば、自分を否定することは、すなわち現実を否定すること。現実とはあらゆる自分の認識なので、そんな状態では物語も楽しめそうにありません。

 おそらく、一時のまやかしとでしか、物語を受け止められないのでしょう。俗に言う、物語を消費する、という表現に近いのかもしれません。

 

 物語も、その物語を読む自分がいてこそ、物語となりえるのです。揺さぶられる心がなければ、物語の登場人物も存在しないのです。

 物語はただの虚構で嘘っぱちだと言っているのではありません。物語も、現実の一部だと言いたいのです。

 「故人は今も、私の心に生きている」と言えば素敵に聞こえるのに、「あのキャラクターは今も、私の心に生きている」と言うとイタい子と思われるような矛盾した価値観が僕は大っ嫌いです。

 物語は、もっと、素晴らしいものなのに。

 

 物語世界と現実世界なんて相容れないと言われるかもしれませんが、そんなことはありません。

 僕は、その答えのひとつを、同人誌即売会で感じました。

 物語が人を動かし、コミュニティを形成して、物語世界がより深く、広くなっていく。

 これを物語世界と現実世界の美しい融和と言わずして何と言うのでしょう。

 物語の可能性を、もっと、真摯に認識するべきだと思います。

 

 

 …………少し話がそれました。物語讃歌みたいになってしまいました。

 まあ、最近の(というかずっと)僕の思考の目標が現実と物語の調和でしたから、当然といえば当然なのですが。

 

 話を戻します。「現実」について。

 現実とは、自分自身が認識しうる全て。そして、その現実を大切にするには、その起点である自分を認めてあげることが第一歩。

 

 第一歩、ということは、そこから先はどうするのか。

 どうするんでしょうね。

 たとえば、「生活リズムをしっかりして、健康になる」とかでしょうか。

 これも悪くはないと思います。むしろ大切なことでしょう。

 

 なぜならば、私は地球で生きる人間だから。

 現実を形作る認識の器は、この物質的な身体の中にありますからね。認識を歪めないために、認識を繊細にするために、身体を大切にするという行為は、理にかなっています。

 

 ですが、これはあくまで人間の話。

 たとえば、幽霊とか、そういった身体から離れ、精神のみになった場合はどうでしょう。

 まだ死んだことはありませんので、正確なことは言えませんが、死後、霊体になるなどして、天国に召されるとか、まあ、そんなたぐいの事があったとしましょう。

 おそらく、そこでも自分は何かしらを認識していると思うのです。

 そして、それがまさしく「現実」であると、僕は思います。

 

 ですから、やはり、現実の起点である自分自身を認めること。これが大切なのだと思います。

 ただ、身体というものは認識と深く深く結びついているわけでありまして。その身体のケアなども、人間として生きている限り、必要なことなのでしょうね。

 

 めんどくせえな。死んだほうが楽だろう。

 そう、思うかもしれません。実際僕もそう思っていたこともあります。

 ただ、死にたくはなかったので、こう考えることにしました。

 

 人間、いつかは死にます。霊体になるか転生するかわかりませんが、おそらくこの身体の機能がいつか停止することは確実でしょう。

 ならば、いま、この時代の、この身体でできることを、精一杯感じよう、と。

 死という運命の区切りがあるからこそ、生きてみようと思う。

 いつか死ぬから、いまを一生懸命、何がなんでも詰め込んでやるといった、窮屈な考えではなくてですね、もっと、こう、楽しく、しあわせに。

 そう。この身体で感じられる精一杯のしあわせを掴み取ろうと、思えるのです。

 

 それに、この身体の中と、死後の自分、どっちがいいかなんて、この身体しか知らない自分にはわかりませんからね。

 おそらく、優劣つけられるものではなくて、どちらも素晴らしいものなのでしょう。

 またここで「身体でしか感じられない快楽もあるだろうからそれをいま詰め込んでおかないと…」って思いそうですが、死んだ後もまた身体が手に入るかもしれないじゃないですか。転生とか。

 

 まあ、未来はわからないのです。なのでいまを生きましょう。

 いま、この時空は、いま、ここでしか堪能できないことでしょうから。

 

 重ねていいますが、生き急げということではないのです。それでは心が萎れます。認識が崩れ、現実がよごれてしまいます。

 

 ですから、こう考えます。楽しく生きてみましょう。

 そのために、しあわせを感じてみましょう。

 大丈夫。「現実」は素晴らしいものなのだから。

 そのための第一歩は、自分を認めてあげること。

 

 自分は、現実の文脈に生きているのだから。

 

 これが、今回の結論ですかね。

(※この考え方には、「自分の認識」、言い換えると、「自分の精神」は不滅であるという前提がありますが、この前提は僕の信仰として無条件で信じていることなので、ここでは思考の対象とはしません。おそらく、考えたところでわからないでしょうから。宗教的と言えばそれまでですし、楽観視といえば楽観視ですが。)

 

 

 

 

 

 ちょっと蛇足。

 これらの思考は全て、僕が、いまを大切に生きようとするための思想です。

 言い訳やご都合主義と言われるかもしれませんが、それでいいのです。

 僕自身が信じられるのならば、それは僕の中で真実なのです。

 そのために、これらの思想は、きちんと僕が信じられると思う深さまで、僕なりに突き詰めていったものなのです。

 

 ならば、お前の心の中にしまっていればいいじゃない。

 その通りです。

 

 ですがね。

 

 この真実の発見には、多くの物語や、人と出会うことで深まっていきました。

 

 ブログという形でまとめているのは、そういう経緯があるからです。

 

 僕の思想が、少しでも多くの人の真実を見つける手助けになれば、と思っています。

 本当は、物語の形にして、もっと楽しく語れたらいいのでしょうが……それが僕の目標です。

 

(こういう考え方もまた、ブログを書くことを正当化するためのもの……と、捉えることもできますね。ですが、僕が信じているので、僕の中では真実です。)

 

 こんな、僕の身勝手にお付き合い頂き、そして、ここまで読んでくださり、本当にありがとうございました。

 

 それでは、また。

 

 次回は「ならば恋の苦しみは排除するべきものなのか?」について考えてみましょうか。(未定)

目標。

 ふさわしくなるために。

 

 そのために、僕は、全力を、尽くす。

 

 何にふさわしく?

 

 言えないね。

 

 時が来たら、伝えよう。

物心について一考。

 こんばんは。銀礫です。今日は熱があるのでさっさと切り上げたいです。

 

 今日は物心について。

 みなさん、「物心がつく」というのを、どういうふうに理解していますか?

 

 僕はですね、これが本当にわからなかった。みんな「物心がついた頃には…」みたいなことを言っているのですが、「物心」そのものについては、誰も言ってくれない。

 ずっとずっと僕の中で謎だったのですが、それが最近になって、やっとわかった気がしたのです。

 

 僕の中で「物心がついた」時というのは、おそらく、小学四年生の頃を言うのだと思います。その時から、僕は、自分の内面について一定の思考回路を認識するようになったのです。※何言ってるのかわかんないという人は以下の記事参照。たぶんもっとわからなくなります。

ginleki.hateblo.jp

  まあ、つまり、自分について考えるようになったとき、ですかね。

 

 ちなみに、僕が読んだことのある文献では「物心がつく」というのは、「その瞬間以降の記憶を覚えている、という瞬間」と書かれていました。僕はこの書き方が少し疑問でした。なぜなら、幼稚園のこととかも断片的に覚えたりしていましたので。ですが、やはり小4以降の記憶のほうが鮮明なので、この書き方もあながち間違っていないのかな。

 

 あ、そういえば初恋も小学四年生でしたね。

 

 さて。つまるところ、僕の中での「物心がついた」は、自分の内面について考えるようになった、小学四年生のとき、ということです。きっかけはあまり思い出せませんが……その始まりのイメージは、何となく覚えています。不思議な感覚でした。

 そのときの思考回路が、この歳になってもまだ続いているのですから、物心のつきかたっていうのは、けっこう重要な部分だったりするのではないのでしょうか。

 

 さて。みなさんはどうですか?

内的世界のお話。

 こんばんは。銀礫です。

 

 最近僕は、心身二元論的な一元論を唱えているのですが、ふと、内的世界を持っている人ってどんな感じなんだろうなって思いました。

 

 内的世界というのは、僕の中の定義では、こう、自分の精神空間が存在する感じ、と言えばいいのでしょうか。空間でなくても、理論体系みたいなものでも、そう言えるのかもしれません。

 

 これを見てピンと来ない人は……たぶん今日のブログは面白くないのでしょう。何いってんのこいつイタいわあみたいな。その感覚を否定するつもりはありませんがやっぱり聞くと辛いですよね。

 

 さて。なぜ内的世界と僕が呼んでいるのかというと、僕の場合、それは世界観的なものになっているから、なのだと思います。心の中に、ファンタジー世界をひとつ、宿しているのです。(宿しているというよりか、その中に自分がいるというか、それ自体が自分の本質というか。)

 僕の内的世界の歴史は古く、だいたい小学四年の頃からです。その認識を持って、僕は物心がついたと判断しています。

 そして、既に12代目です。今日代替わりしました(この話は恥ずかしいので割愛)。

 

 そんなことを考えていると、他の人はどうなんだろうなって、ちょっと思ったり。

 なぜなら、僕は自分の内的世界のために思考の半分とは行かなくても三分の一以上は費やしています。

 他の人は、その時間分、別のことを考えているんだなぁとか思うと、不思議なわけです。そんなたくさんの時間を使って何を考えているんでしょうか。気になる異性の落とし方とか?

 

 ですが、まあ、口ではこんなことを言っていますが、実際にそういう話を他の人とすることは苦手なのです。

 簡単に踏み込ませたくないですし、踏み込むのもちょっと怖いですし。

 

 ……他人の本質に触れるって、ほんと、危ないことなんですよね…。

 

 と、いうわけで。やっぱり僕は自分の世界観を一方通行的に表現するしかできなさそうです。ブログとか、物語とか、音楽とかで。誰得とか、そんな現実的な話はなしにして。

 そして、他の人の世界観も、やっぱり対話ではなく、なにかしらの受け身として感じるのが、楽しいというか、おもしろいというか、素敵なのだと思います。物語として、みたいに。

 

 お互いの一方通行、が理想なのかもしれません。あ、交互通行かな。

 

 直接は、こっ恥ずかしいのですよ。やっぱり。お互い困りそうで。

 直接のお話だと、嘘が混じったり、本質すぎたりしますものね。ついうっかり的な。

 

 だから、僕は、語るのをやめません。一方通行であろうとも。ああ。ネットっていいなぁ。

 

 まあ、つまり。

 僕は今日のブログで、考えたこと語りを続ける正当な理由と、こっ恥ずかしいことをしなくてもいい正当な理由をこしらえたわけです。

 

 自分の中で正当な理由になったならば、それは正当な理由なのですよ。自分の中では。

 

 まさしく、内的なお話なので、これでいいのです。これがいいのです。

よく言われていることって、やっぱりよく言われるだけのことはある。

 「何かの終わりってさ……きっと何かの始まりなんだよ」

 って競馬のCMがありますよね。話はそれますがなんで競馬はあんなにCMするのにオートバイレースはCMしないんですかね。僕が見る番組のせいでしょうか。あるいは賭けられないからでしょうか。

 

 さて。

 1ヶ月チャレンジが終わり、新しい1日です。

 

 突然ですが、誰かを喜ばせるというのは本当に楽しいことなのですね。

 そして喜んでもらえるということは、本当に嬉しいことなのですね。

 

 そしてこれは、きちんと喜んでくれる相手がいるからこそ。

 自分も、ちゃんと素直に喜べるようになりたいなと思う今日のこのごろ。

 

 「人を幸せにすれば自分にも返ってくる」というのは本当なのですね。

 

 えへへ。柄にもなくにやけてる。

 

 今日読んだマンガの影響もあるのでしょうか。ちょっと幸せボケしているかもしれません。

 それでもいいんじゃないかな。

 それがいいんじゃないかな。

 「何幸せボケしてるんだ」って自己批判を揉み消して。

 ただただ幸せを感じることができたなら。

 

 それだけで、生きてる素晴らしさを実感できそうな気がします。

 

 だって、ほら。すぐ落ち込むじゃないですか。ちょっとしたことで。

 そんな時のために、この幸せをしっかりと思い出せるように。

 ありのままを、ブレーキをかけずに、感じ取っていてもいいんじゃないでしょうか。

 

 「人は幸せになる義務がある」って、アランさんも言ってるじゃないですか。

 

 そういうことです。

 

 

 この感情の新しい宝石を、大切に飾りましょう。

 

 

 いつでも眺めることができるように。

 

 

 その大切さを、忘れないように。

1ヶ月チャレンジ1ヶ月目。

 こんばんは。銀礫です。1ヶ月チャレンジ30日目。西向く士、4月は30日までなので、1ヶ月チャレンジはこれにて終了となります。

 

 はっはー。

 

 1ヶ月かぁ……。

 

 えっと、1ヶ月であったこと。

お勉強

大型自動二輪免許取得

・損保一般試験受験(合格できたかな…)

Googleのデジタルワークショップ修了

 

おたのしみ

・「ばくおん!」読破

・「小林さんちのメイドラゴン」読破

・「楽園追放」観賞

・NieR:Automataプレイ(つまりPS4の入手)

 

サークル活動

・次回活動のチラシ作成(内容は変更の可能性あり)

・世界録第11編後半突入

 

 

 えーっと……こんなところでしょうか。けっこうやってるような、そうでないような…。

 

 ………はい。それでは、まとめます。

 

 1ヶ月チャレンジ。そもそもこれは、何もなくなってしまった1ヶ月を、なんとか意識を保ちながら生きていくために、自らに課した意欲づけみたいなもの、でした。

 結論から言いますと、そういう目的としては、成功しませんでしたね。

 やっぱり、なんか、だらけちゃってというか、気分が落ち込んじゃってというか……。

 

 結局、もやもやしたまま終焉を迎えそうですね。

 

 なんか、スッキリしないなぁ…。

 でも、それが人生なのかもしれません。

 何かが解決できるわけでもなく、もやもやがいつも襲ってくる。

 それでも、しあわせになろうとあがき、もがき、ねがう。

 

 そして、自分の人生の物語の主役になる。

 

 こんな当たり前のことが、こんなにも難しい。

 

 かなしくなる。むなしくなる。

 才もなく、意思もない。

 そんな自分が、何をして生きていけるのかと。

 何を成し遂げるのかと。

 

 違うのだ。

 何をするかではない。何を成し遂げるのかでもない。

 どう生きるかだ。

 

 いままでどう生きてきたかではない。

 これからどう生きるかだ。

 

 明日から、また、もっと、素敵な自分らしく生きていきたい。

 

 そう誓いつつ、このチャレンジの結びとしたいと思います。

 

 あ、このブログ、まあ、目的も内容もバラバラなのは修正していきたいですが……続けていきたいと思います。

 いつか、どんな形になるか、わかりませんが。

 

 明日はもっと、素晴らしい一日になるでしょう。

 

 ……ははっ。結局、人に読ませられるようなブログにならなかったなぁ…。

 

現実はやはり果てしないオープンワールドゲームなのだと。

  こんばんは。銀礫です。1ヶ月チャレンジ29日目。

 今日はですね、こう、ふらっと出かけたツーリングについて書きたいと思います。

 ごめんなさい昨日言ってたことはまた後日ということで。

 

 さて。今日はツーリングに出かけました。

 といってもそんなにガチのやつではなく、免許書と形態と1070円だけを持って、あてもなく走り回っただけなのですが。

 相棒は………えっと、TLR200のボディにTL125のエンジンを積んだ子です。義兄のおさがりです。ざっくりいうとオフロードタイプです。レトロと名付けています。

 

 さて。オートバイで走っていると、何故か、清々しい気持ちになります。

 そして、こう、僕は、道が好きなのですよねぇ…。どんな道が? と言われるとなかなか言葉にしにくいのですが……。写真でもあればいいのですが、それを撮る前に感動のまま走り抜けてしまいますからねぇ…。

 

 とにかく、今日は山を走りたかったので、なんかいつも向こうの方に見える山をがむしゃらに目指して走ってみようという方針だけで走り出しました。

 

 その道程で、こんなものを見つけたり。

f:id:ginleki:20170429221440j:plain 天体望遠鏡です。日本一大きな光学望遠鏡があるとのこと。

 

 そしてもうひとつ。

f:id:ginleki:20170429221647j:plain 山頂付近にあったキャンプ場の展望台からの写真です。

 

 そう。僕は、「なんか向こうに山があるよな。あっちからこっちを見たらどんな感じなんだろうな」という目的を、達成したのです。

 

 僕のひとりツーリングは、よくこういうことをします。

 

 そして、その度に思うのです。「現実に見えるところには、行けるんだな。」と。

 

 考えてみれば当たり前なのですが、ゲーム空間のような限られてくる空間に慣れ親しんだ脳にとっては、それは新鮮な発見だったりします。

 

 そしてもう一つ思うのが、地図上では近くに見えても、けっこう遠いんだな…ということ。

 あんなに長い時間山のくねくね道をカーブ攻めながら走っていったのに、地図で見るとちっぽけ。でも、遠くまで行ったという感覚もある。

 

 そんなとき、ああ、なんて自分はちっぽけなんだろう、と思うわけです。月並みな表現かもしれませんが。

 

 ですが、この感覚によって、僕は、その、なんというか、生きているって素晴らしいことなんじゃないかなって、ふと思うわけでして。

 

 これだからオートバイはやめられない。

 僕の大切な趣味のひとつです。

 

 現実というオープンワールドを、もっと楽しんでいけないかな。

 

 今日はこのへんで。ありがとうございました。